まだまだダメという事だけは分かります

久し振りの下の馬場での乗馬レッスンです。
どっさり雪が降ったおかげです。
しかも4人による部班です。

調子こいて駆歩を思いっきりだしたけど、もっとスムーズにきちんと発進させるべきだったと帰ってから反省しきりです。

馬の動きで言えば、常歩は八の字の動きをします。
パッカパッカという蹄の音からの動きでゆったりとした動きを連想しますが、左右に前に脚をだすイメージではなく、舟が波に揺れる感じの方が馬の動きに近いと思います。

次に速歩ですが、右前脚と左後脚が同時に前に出す動きです。人が歩くイメージに近いかも知れません。ただ、四つ足動物なので馬上では反動がきつい馬もいます。つまり、前脚と後脚は斜めの脚同士なので馬体のバランスは前に力が行くか上に力が行くかの違いで反動のきつさが変わってくるのではないでしょうか。

駆歩はブランコのようだと書いている本もありましたが、馬上にいる人は背中を押される感じがあります。
馬の前脚はどちらかの脚を少し前に出して、両方の後ろを掻いてから前にだすのか、前の脚を掻いていから後ろアシを蹴るのか、後ろを押されている感覚で言えば、後ろアシからの主導でしょうか。

まあ、自分の下手さ加減がつくづく分かります。

10年で500鞍。う~ん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント