30万人と2人

コロナウイルスの収束がまだまだ見えません。
うよ
そんな中、ネットでは東京オリンピックの中止というフェイクニュースまで出てくる始末。

中国武漢市からの邦人避難に関して、日本政府はチャーター機を手配し、第一便が到着しました。
その中の2人がウイルス検査を拒否して自宅へ帰りました。後日、その2人からは検査をして欲しいとからは連絡があったそうですが。

ネットではその2人が反阿部左翼だとレッテル張りをして喜んでいます。

まあ、その幼稚な感覚はここ最近の傾向なのですが、それだけにとどまらず、そういう2人が出てくる状況をここぞとばかりに喜ぶ議員もいます。それは、憲法を改正し国民に対し戒厳令をしくべきだという論調です。

なんか見え見えの三文芝居です。

中国武漢市でコロナウイルスの感染が見つかった時期から、中国から日本への航空機の便数は1600便あるそうです。
とすると、一機に100人から200人が搭乗していると計算すれば、日本へは少なくてもそれまで20万人以上の人たちが訪日しています。
200人が搭乗している場合だと30万人です。

しかも、コロナウイルスの感染者は武漢市よりも他の地域での感染者が倍以上の数になっています。

以上のことからも、武漢市からの邦人避難者の2人を標的にするのは問題の矮小化でしかないということが分かるはずです。

もうすでに20万人から30万人の人が中国から来ています。感染しても潜伏期間がありますので、日本でどこまで広がるのか怖い話です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント