もしも、僕が死んだら・・・

最近の関心事に日本における葬送文化の変化があります。 テレビでも、「墓じまい」という言葉で特集を組んで放送されていますが、その実体は千差万別で同一線上で議論をして正しいのかという問題があるような気がします。 「墓じまい」という言い方とともに、その理由として「残される子供たちに迷惑を掛けたくない」というものがあります。 この「迷惑を掛けたくない」という言い方にものすごく違和感があるの…

続きを読む

奇跡のレッスン・・・スキー編

NHK教育テレビ(今はそう呼んでいないかな)で、「奇跡のレッスン」が放送されています。 たまにしか見ないのですが、世界一流と言われる人たちによる指導によって(ほとんどが一週間程度の期間です)、子供たちがどのようにレベルアップするか或いは子供自身がどう変化するのかが画面を通して伝わってくるのが分かるのです。 つい最近見たのは、スキー編です。 札幌在住の子供たち(小学校2年生から4年生…

続きを読む

行く年来る年と書くと古臭いかな

今年始めたことが2つあります。 1つは、札幌ドームのジムに本格的に通いだしたこと。65歳であればジムの使用料は300円です。10回分の回数券を買えば11枚きますので、なおの事お得です。 ジムでのトレーニングの前に身体測定?みたいなことを500円で行えます。 体脂肪率とか筋肉量とか、あるいは身体のバランスを見たりします。 僕の身体のバランスはめちゃめちゃ後ろ重心で左に傾いています。…

続きを読む

気晴らしに馬にニンジンを・・・トラブル話も含めて

今年の札幌は雪が極端に少ないようで、尚且つ寒さだけは冬仕様なので、野外の馬場で乗っている者にとっては、恨めしい天気が続いています。 僕はと言えば、マンション内駐車場での「当て逃げ」で交番に行き、管理組合の理事長と会い、保険会社に保険の保障内容を確認しと、いろいろな面で心が落ち着かぬ日々を過ごす形になりました。 まず、「当て逃げ」での車の損傷は小さなものですが、隣の駐車場に割り当てられ…

続きを読む

#札幌にMaKタクシーってあるの?MKのパクリでしょうか。

駐車場に停めている車のドアが1カ月ほど前からキズがつくようになりました。 ちょうど一カ月くらい前から引っ越してきた中国人?の家族の車が停まるようになってからです。 最初は、名古屋ナンバーのベンツがとまり、次に札幌ナンバーのアルファードがとまり、尾張小牧ナンバーのマツダCX-5と分譲マンションなのに駐車する車が次々と変わります。 最初は民泊でもしているのかと思ったのですが、どうも外国…

続きを読む

本日、年賀状の作成完了です

年々、手書きで書く部分をいかに少ないスペースの年賀状を作るかで悩みます。 貰っていた時は、コメントやメッセージのない年賀状を貰ったってちっとも嬉しくないはずだと思って、少しでも何かを書いていたのですが、書いていることはと言えば、「そちらはどうですか」とか「お元気ですか」などと返信がないのが分かっているのに書いていました。 とうとう自分もあまり意味のないような年賀状をつくるようになって…

続きを読む

<日本>は自虐的国名ですか?

『日本辺境論』内田 樹著、新潮新書。 上記の本では、日本人論や日本文化論が大量にこの国で生み出されるのは、日本が地政学的にも「辺境」に位置しているからだという指摘です。 我々が自国を現すとき使用している「日本」という国名そのものが、それを指し示していると書いています。 聖徳太子が隋の煬帝に親書を送りました。 「日出づる処の天子、書を、日没する処の天子に致す」という文です。 …

続きを読む

スケジュールの余白というか

職場の後輩にスケジュールに余白があると不安だという人がいました。 常になにかに急き立てられるように時間が満たされていると安心するのだそうです。 病的なものかと言えばそうとも言えません。 自分というものは、他者の中にあってこそ自覚できるという図式はそうだと思います。 お釈迦様のように自らを灯火とせよとか一人サイのように歩めとか、そういう悟りの次元にいる訳ではないので自分を自分で認識…

続きを読む

#乗馬する?

乗馬クラブの忘年会が終わりました。無事かどうかは分かりません。 僕が通っている乗馬クラブは、室内練習場がないので今の時期は困ります。 雪が降らず、気温がマイナスになったりプラスになったりで、馬場そのものはカッチカッチです。 ですから、馬に乗ることは出来ません。 忘年会の隣の席に座った人は、ノーザンに行っているそうです。自家用車がないのでバスを乗り継いで行っているのです。 レ…

続きを読む

#忘年会する?

乗馬クラブの忘年会が終わりました。 幹事ではなかったのですが、知り合いのお店でやったので、幹事補助みたいなところだったでしょうか。 最近、「#忘年会スル―」という題でSNSで話題になっているそうです。3つのテレビ局で今どきの話題として取り上げていました。 SNSをしていないので#の記号が何を意味しているのかよく分からないのですが、自分が気になった議題や話題を皆に発信し注目してもらい…

続きを読む

弱さからはじめる

日本のノーベル賞授賞者のことが報じられています。 いつも笑顔で、自信満々という感じでしょうか。 正直、僕はあまりいい印象を持ちません。 研究者といってもある地位にいる人の仕事は、自分が試したいことを周囲のスタッフに指示してさせていたのではと推測します。そのスタッフは、それこそ指示されたことをやるために研究室にいりびたりになっていたのではと思うのです。 ノーベル賞受賞者の背後に…

続きを読む

ホースセラピ―で・・・

なかなかドサッと雪が降りません。 ですから、冬の乗馬ができないのです。 レッスン馬はもう冬用のスパイク蹄鉄になっていました。 馬房で滑ったりしそうな気もします。 馬に忘れられないようにニンジン片手に会いにいきました。 まずは、休憩室のネコです。 エサをくれるおじさんと認識しているようで、僕が入るとニャ~と寄ってきます。 今どき、シニアのおじさんに寄ってくる者は、ネコくら…

続きを読む

クリスマスプレゼント?!阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)勝ったけど・・・

せっかく来たけど、200円しか買っていません。 4000円のうちの200円です。 僕の本命は、⑩クラヴァシュドール。対抗馬として、③ウーマンズハート、④レシステンシア、⑨マルターズディオサ。穴として⑬ジュラペッシュです。 一番人気の⑮リアアメリアも買うというぐらぐらの予想です。 一番来て欲しかったのは、馬単⑩→④できてくれたら、万々歳でしたんですがね。④-⑩の馬連も買っていたので…

続きを読む

ブドウ園の労働と賃金

今はどうか分かりませんがビジネスホテルの部屋に聖書が置かれていました。 僕自身キリスト教の聖書を読んだことはないのですが、ある時、暇にまかせて聖書を数ページ読んだことがあります。 それが表題の「ブドウ園」の話です。 実際のブドウ園の収穫も短期間での収穫が必要なので多くの人手が必要です。この話は、そのような実際の問題を語ることによってキリスト教の教えをたとえ話として語っているので…

続きを読む

一億円の棒鱈・・・吊るされし冬の小樽の棒鱈は

久々に続けて棒鱈を買い、夕食のメニューにしました。 毎日の献立は、女房と二人で相談し決めています。それをもとに週に2度ほど買い物に行きます。基本、買いだめをしないのです。 仕事をしている時はそんなことはしなかったのですが、いつも家の中にいると、女房は「何を食べたい」と聞くのですが、本当のことを言えば好き嫌いが激しくないので何でもいいのです。 それこそ出されたものをただ食べるだけでいいの…

続きを読む

メガネの年末大掃除

今持っているメガネですね。 運転用、パソコン用、運動用、外出用、家やスーパーでの買い物用と5本(メガネの数え方は?)です。 メガネ用の掃除スプレー(曇り止め効果も)もあるのですが、いろいろなものに使える洗剤で洗いました。 度の進行というか、体調によっても合わなくなったかなと思うこともあるのですが、それでも2・3日するとなんともないかなと思ったりして、メガネの変え時は難しい。

続きを読む