「銀河鉄道の夜」を65歳になって読みました

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治を65歳になって、はじめて読みました。 他の童話や詩(「永訣の朝」や「雨ニモマケズ」)は読んではいたのですが、アニメやパチンコで「銀河鉄道999」を知ってるせいか、「銀河鉄道の夜」には辿り着かなかったな。 木版画・佐藤国男氏の挿絵がついた本を先に読んだのだが、1ページ目がなくて、最初の部分は別な本で読みました。 先生が銀河や天の川の話をする場面が抜けているの…

続きを読む