芸術の秋、食欲の秋・・・

何か奇妙な機械です。機械の真ん中に太陽と月のマークがついた時計がついていて、太陽のマークを指す時刻になると、芽のようなものがニョッキリと伸びてきます。 2019年の道展の入り口に置いていました。 無料の招待券を貰ったので、女房と出かけました。 これは椅子なのですが、座る部分にいくつか割れ目ができていて、そこから芽が出て葉っぱをだしています。 なにかこれは時代の象徴でしょうか。 …

続きを読む

ボロは着てても、いえいえボロが頭の上にぼたぼたと・・・

秋のシーズンは、雨と寒さがどこまで冬に近づいているのかと天気を心配して、日一日と油断できない期間になります。 今年は夏の暑さを引きずっているのか、冬虫がちらっと見えたり消えたりと、天気の心変わりが激しいような日が続きます。 でも、それでも冬は来るんですよね。 この頃乗る馬は、カウウェラです。 大人しく、人の指示を待つ頭のいい馬です。 それでもレッスン馬として慣れてきたのか、…

続きを読む

四つ足のスヌーピーが二足歩行へ?

大丸で開催されていたスヌーピー展に友だちといった女房にガチャガチャをしてもらいました。 女房の友人は、息子さんから入場券を貰ったようです。 このフィギアのモデルであるスヌーピーは、1952年当時の漫画に登場するスヌーピーです。普通の四つ足で歩く犬です。 こちらは、1959年という説明です。この頃から四つ足から二足歩行に変わったのでしょうか? ちなみに『ピーナッツ』(スヌー…

続きを読む

土曜日は太極拳の交流大会、日曜日は天皇賞秋

土曜日は、通っている太極拳の交流大会です。教室の先生が主催している団体のようです。 全国的な団体はいくつかあるようですが、上記の団体はそれら全国組織の団体とどのような関係性があるのか初心者には分かりません。 大会と言っても、成績を競うというものではなく、日頃の練習の成果を披露しあうというものです。 入門太極拳から始まりニ四式太極拳や四十八式太極拳や剣・扇など、各体育館ごとで開催…

続きを読む

目指すは、出たきり老人

CMで「亭主元気で留守がいい」というのがありましたが、それは現役で働いているお父さん向けです。 定年退職し、家でゴロゴロしだすと妻にも嫌がられるので、この頃のシニア世代の合言葉は目指せ「出たきり老人」です。 実は、僕が太極拳をはじめた理由の一つが、「掃除の邪魔になるから、掃除の間どこかに行ってきなさい」と妻から言われたからです。 週に一度の乗馬、ジム通い(これは妻と一緒)に、太…

続きを読む

イートイン脱税って命名するのもな~

今日の新聞ではじめて耳にしたのだけど、「イートイン脱税」なる言葉がネットで登場しているらしい。 どんなものかと言うと、「お持ち帰りの食べ物は消費税が8%だけど、店内で飲食する(つまりイートイン)場合は税率が10%になります。ただ、買った後に気が変わって店内で飲食する人もいて、そんな人をネットではイートイン脱税と名付けているらしいのです。」 国税庁によると、軽減税率が適用されるかどうか…

続きを読む

修羅と廃人

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を65歳にしてはじめて読んだと書きましたが、その際他の作品も読んでみました。 「春の修羅」という詩の中に<おれはひとりの修羅なのだ>という詩句が何度も出てきます。 ここでいう<修羅>とは仏教用語の阿修羅のことでしょう。 広辞苑:古代インドの神の一族。後にはインドラ神(帝釈天)など天上の神々に戦いを挑む悪神とされる。仏教では天竜八部衆の一として仏法の守護神と…

続きを読む

乗馬クラブのはしっこで

一度、乗馬クラブのことを写真入りでブログに書いたことがあります。 その時、これは体のいい会員勧誘の宣伝なのかという反応が来ました。 う~ん、そういうとらえ方をする人はいるんですね。 僕は単純に乗馬クラブの楽しさを紹介したかっただけなのですが、まさか勧誘にとられるとは意外でした。 9年目を過ぎて今年から10年目に入りますが、僕も古株のような存在になっています。 自馬の人たちは…

続きを読む

スヌーピー展が・・・

我が家にもスヌーピーがいます。 夕張メロンから顔を出しているスヌーピーです。 もちろん、夕張で買いました。 スヌーピーは不思議なキャラクターです。 だって言葉を喋らないのに(頭に思い浮かぶ事柄がセリフのように書かれていますが)、周囲の人間との微妙な距離感を保ち続けています。 そして、時には哲学的な反応をします。 もともとは『ピーナッツ』という題の漫画に登場するビーグル犬で…

続きを読む

どうも、スイマセン

未だガラ携なので、迷惑メール以外は情報が入ってくることがほとんどありません。 LINEもSNSもしていないので、もっぱら人聞きです。 乗馬クラブでの出来事もレッスンに通っているだけでは分かりません。 例えばSさんは、ジャンプ競技で60センチから80センチへとランクアップを目指して競技に臨んだところ、落馬して肋骨を骨折したとのこと。 或いは、Oさんは自馬で馬場競技の練習をしてい…

続きを読む

カレーは目に入れるものではなく口に入れるものです

教師間でのイジメ問題は公になり、誰もが加害教師を批判しています。 そりゃそうでしょう。 擁護すべき欠片もないのですから、批判する側はいくらでも批判ができます。 でも、批判をしても空しくなるのは何故でしょうか。 週刊の見出しなどを見ると、加害教師は高校時代から悪かったみたいな題で記事が書かれているようです。或いは、前校長と加害教師とは不倫関係?などと言う憶測の記事もあります。 …

続きを読む

令和の秋家も車も流されて銀河鉄道に駆け込む人ら

元号が改元されて、その年のはじめての秋。 台風による死亡者がこんなに出るとは驚きです。 災害日本。 大和の語源は、山という言葉と関係していると読んだことがあります。 急峻な山々から流れる大きな川と小さな支流。 下流域の平野に広がる田畑と民家。 日本の田舎の風景そのものが被害の要因のように思われます。 「銀河鉄道」という言葉を使いたくなかったけど、死者を弔う表現と…

続きを読む

お前にとっては母親でも、俺が好きになった女になんて言う口のきき方をするんだ!

NHKの「ドキュメント72時間」という番組の話です。 僕が見たのは視聴者から人気があったもので再放送です。 場所は、郊外にある「ジョイフル」というスーパーです。 今流行のDIYをするための工具・道具・材料が豊富にあります。広さは東京ドーム3.5個だとか。 そこにいた62歳の男性です。 元は刑事で、定年退職後は嘱託勤務で交番にいるそうです。 定年退職後はゆっくりと奥さんと向…

続きを読む

馬肥ゆる秋?・・・カラヴァッジョ展に行きました

前売券を9月の初め頃には購入していたのですが、ようやく行けました。 新聞でも知らせてありますが、今回の展示で観覧できるはずだった作品が結局到着せず、そのお詫びとして来場者に絵葉書2枚を渡していました。 写真の絵葉書はその4枚です。 カラヴァッジョと言う名前もはじめて聞きましたが、本当の名前は「ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ」というのだそうです。しかもカラヴァッジョ…

続きを読む

401鞍目です。雨続きの馬場だったのですが・・・

二・三日雨が続いて、今日の馬場もぐちゃぐちゃだろうなと思って、「ニンジンだけやりに行きます」とインストラクターにメールをしたのだけど。 なんか心残りで、「馬場はぐちゃぐちゃでしょう。乗れる?」と再度メールをしたら、「馬場はぐちゃぐちゃだけど、乗れます」と返信メールが来た。 それで、急きょ思い直してレッスンに行きました。 馬場は確かにぐちゃぐちゃで水たまりはあるがぬかるみが酷い訳じゃ…

続きを読む

ジョバンニの航海

「銀河鉄道の夜」を65歳になってはじめて読んだと書きました。 主人公はジョバンニです。 「YOUはなにしに日本へ」という番組をたまたま見ていたら、フランスの女性にインタビューをしていました。 彼女はこれから世界一周の旅のヨットへ乗り込むために広島港へと向かうというのです。 テレビクルーは彼女に密着撮影?同行?の許可を貰ってついて行きます。 広島港のヨットハーバーにいたのは、…

続きを読む

男ごころと秋の空

本州は残暑などと言っていますが、札幌は急に秋の気温になってきました。 道立美術館で開催されているカラヴァッチョ展(名前が正確かな?)の前売券を買っているので見に行かねばなりませんが、結構な雨が降り出したりして、しかも休日の混雑は避けたいのとで、予定がころころ変わってきます。 しかも、乗馬に行きたいけど、雨上がりの馬場状態もあり、こちらも日程が迷います。 前は土日も行っていたので…

続きを読む

ちーしゃみん、なんでここにいるの?

ちーしゃみんと書いて分かる人はマニアックな人だろうか。 「マルハン」というパチンコ屋さんがスポンサーの深夜のパチンコ番組にでていたタレントの女の子だ。 リーチが掛かって、当たりそうな展開になるときにパチンコ画面に激熱と出てくると、普通は(げきあつ)と言うのだけど、パチンコをそもそも知らないから、「げきねつ~!」と叫んでいる。 それもつい最近終了したと思ったら、午後5時頃放送して…

続きを読む

「銀河鉄道の夜」を65歳になって読みました

「銀河鉄道の夜」宮沢賢治を65歳になって、はじめて読みました。 他の童話や詩(「永訣の朝」や「雨ニモマケズ」)は読んではいたのですが、アニメやパチンコで「銀河鉄道999」を知ってるせいか、「銀河鉄道の夜」には辿り着かなかったな。 木版画・佐藤国男氏の挿絵がついた本を先に読んだのだが、1ページ目がなくて、最初の部分は別な本で読みました。 先生が銀河や天の川の話をする場面が抜けているの…

続きを読む

山田さんが死んだ

山田さんは、同じマンションに住む方です。 もう十年近く前にマンションの理事になった時(順番制と言いながら、一番初めの理事をやったのに他の人よりも早く回ってきました。後で調べると他の階の人が対象だったのに、当時の前理事長が勝手に組んだようです)、一緒に理事になった人です。 理事会の役員は、監事を含めると6人から7人なのですが、一人は引継ぎの段階になってやれませんといい(本当は引継ぎをす…

続きを読む

流鏑馬と太極拳(八段錦)

昨日のテレビです。 日本の流鏑馬に見せられたフランス人が、流鏑馬の流派の所へ弟子入りして1週間か修行するという話です。 その40代のフランス人は小さい頃から乗馬をやっていたようで、馬が襲歩くらいのスピードで走っても上体がぶれずに乗っていられるので、流鏑馬に必要な馬上で手綱を離して弓を射る姿勢はすぐに取れていました。 馬の走るコースはロープや柵で仕切られているので、馬上にいる人間は弓…

続きを読む