イートイン脱税って命名するのもな~

今日の新聞ではじめて耳にしたのだけど、「イートイン脱税」なる言葉がネットで登場しているらしい。

どんなものかと言うと、「お持ち帰りの食べ物は消費税が8%だけど、店内で飲食する(つまりイートイン)場合は税率が10%になります。ただ、買った後に気が変わって店内で飲食する人もいて、そんな人をネットではイートイン脱税と名付けているらしいのです。」

国税庁によると、軽減税率が適用されるかどうかは、消費者の会計時の意思表示に基づいて決まり、会計直後に気が変わってイートインを使っても問題はないという判断です。

ネット上では、この「会計直後に気が変わる」という行動を捉えて非難しているのだと思います。

僕は会計直後にイートインする消費者の行動心理を非難する方ネット社会がおかしいと思います。

何故なら、税金の仕組みとして欠陥があるだけの話で、非難すべき相手は国税当局なはずです。

それを戦前の五人組のようなスパイよろしく、あれはおかしい!脱税だなどと市民同士で足を引っ張り合うのはどうかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント