長さんボス・・・知らぬ間に主従関係になっていた

長さんボス

いかりや長介さんがドリフターズを結成するにあたって、初期のメンバーに声を掛けました。
荒井注、中本工事、加藤茶、高木ブーなど。

バンドが出来た時はいつの間にか、主従関係になっていたという事を現した文句です。

なんでこんな言葉を思いついたかと言うと、NHKで「72時間」と言う番組を見たからです。(番組名はネットで確認して下さい)
その時のものは、断食道場に来る人々を映していました。

ちょうど毎日三度三度の食事をきちんと取っていたのですが、なんか胃が疲れ気味なのを感じていました。
なんか無理に決まった時間に日に三度もきちんと食事をとる必要もないんじゃないのかと思って、朝を少し減らしたのです。

起床は、朝八時です。
朝食では、牛乳とヨーグルトにアーモンド・胡桃にバナナ半分を入れて食べていたのですが、牛乳だけにしました。
その代わり、昼食にパン(卵焼きをサンドしたり、ゆで卵をつけたりします)、ヨーグルト(アーモンド・胡桃を入れます)、コーヒー、果物。
なんか朝食のほとんどを昼食に加えただけの感じですが、豪華な昼食風景になりました。

その時に、朝三暮四という言葉が思い浮かんだのですが、夕食じゃなく昼食だよなと思ったら、「長さんボス」に繋がりました。

下らね~。

この記事へのコメント