Under the same roof Prostitutes were sleeping-The moon and clover.

『おくのほそ道』松尾芭蕉 対訳 ドナルド・キーン

一家(ひとつや)に遊女もねたり萩と月

せっかくドナルド・キーン氏の訳本を図書館から借りたので、数句を載せました。

色っぽい俳句です。

The burning sun It has washed into the sea-Mogami River.

暑き日を海にいれたり最上川

夕涼みのような感じでしょうか。

Springs of verbena Thrust in my cap-such will be My fancy sttire.

卯の花をかざしに関の晴れ着かな

この句は、芭蕉と旅を共にしていた曾良が作ったものです。
テレビでの俳句講座では、「かざしに」が適当かと言われそうです。

英語訳俳句の単語を電子辞書で調べていますが、なんか僕の力では今一です。

この記事へのコメント