昭和・平成は、箴言を有難がっていた時代

『静かに健やかに遠くまで』城山三郎著、海竜社。 「静かに行く者は 健やかに行く  健やかに行く者は 遠くまで行く」 本のタイトルは、城山三郎が最も好きな上記の言葉を縮めたものである。 城山三郎という人の本の印象は、大企業を起こした人物やその大企業でトップを続けた人を描いているものが多いということです。 サラリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、馬よりも足を動かしました

今日は、久しぶりのアポロフェニックスです。 噂では、前よりも軽く(扶助の反応が良くなった)なったというのですが、前と同じように裏掘りをさせません。 (三頭が、他の牧場に引き継がれていったのですが、この馬だけが返されてきました。出戻り馬です) 裏掘りの足を上げないどころか、ブラシをかける僕を噛もうとします。 同時に、後脚は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の天皇賞馬券をとりました

これは女房の枠連での馬券です。 僕は馬連での馬券です。 どちらも500円馬券なので、勝ったというには物足りない感じです。 まず、②エタリオウに乗ったM・デムーロの走り方はなんなのと言いたいですね。 あまりの押さえすぎでしょう。 だから、中盤での早めの追い込みが結局ゴールにはほど遠い結果になったのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どれが正解なの、太極拳?!

図書館から借りてきました。 以前、簡化二四式太極拳の作成に参加したという人の演武を写真で紹介した本を読んだのですが、あ~あ、こんなもんか程度で見ていたのですが、実際に套路を習い始めると、どこかでアレンジしているのではないかという疑念が起きてきます。 今の講座の先生は、中国に行って太極拳を習いはじめて41年になるということなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きなお世話だよな~

太極拳を続けていますが、最後は男女ペアで体ほぐしみたいなことをして下さいと先生は言います。 この太極拳も男性に対し女性は3・4倍いますので、男の場合は必ず女性とペアになります。 まあ、感じの良い奥さんとかなら僕も大歓迎なんですが、一癖も二癖もありそうなというか、なんか指摘したいというか教えたいというかそんな人と組むと最悪です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さようなら、ろうきん札幌東支店

去年・今年と窓口・電話対応に不愉快な思いをして、今僕がすべきことはというと、その場から離れることが一番だと思います。 まさに馬のように危険な場から逃げることが心身のために良いことなのです。 下らんと思うことに拘泥していても自分が損をするだけです。 <ろうきん>という金融機関が労働者のためにあるということは評価すべきです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「たちばな」のそばで腹一杯になる

そばを食べて腹いっぱいになることはあまりないような気がする。 そばの他についているてんぷらや丼などとのセットメニューなどならあり得るけど、そばだけで腹いっぱいになることはめったにない。 https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010304/1001434/ 昨日、真栄の住宅街にあるそば屋さん「た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「六十年前の花火」本庄英雄さんのポーポー語を聞いた

雨宿りは馬小屋だった 花火大会の夜、母の背にいた ドーン ドーン 鳴り響く花火 「花火見たら母さんと  死ぬべし  どこさもいがね」 たよりなく笑う母 雨は止むことなく降り続き やがて 花火の音もしなくなった その夜、母の背で 花火を見ることはついに無かった 暗い馬小屋の庇で 悲嘆に暮れる親子 繋がれた馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『空を泳ぐ』本庄英雄詩集

日曜日の朝、義弟が用事で家に来た。 義弟の話を聞きながら、ふとテーブルの上の朝刊を見たら、本庄〇〇詩集と書いてある。あ~、友人と似たような名前の人の詩集かと思って見直すと、本庄英雄とあった。 もう歳だから、いつか詩集をと言っていたので、とうとうという感想です。 新聞の広告を見て早速お祝いの電話をした。 せっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

65歳の裏技(年金も失業手当も貰う)

65歳の退職(年度という考え方なので、誕生日を過ぎた次の3月31日まで在籍可能なのです)まで待たずに、去年のうちに退職をしました。 年末年始の時に補助員がいない状況が想定されたので、早期に辞めることを決めたのです。すると、僕の退職を待っていたかのように義父の体調が急に悪くなり、緊急入院の2週間後には亡くなりました。 葬儀など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見よう見まねの太極拳ですが・・・

太極拳講座に通っていることは何度か書きましたが、ネットで勉強をして一応套路を覚えたつもりでいました。 入門太極拳・初級太極拳・簡化二四式太極拳の順番で覚えたのですが、講座での教え方は周囲の人たちの動きを見て覚えて下さいという指導なので、自分の動作が合っているのか間違っているのか不安が募るのです。 ところが、講座の先生は、ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ろうきん東札幌支店大丈夫?

去年も窓口の対応で怒りを爆発させてしまったけど、今年は電話相談で怒りを爆発させてしまいました。 まだまだ自分も未熟だな。 ところで、このろうきん東札幌支店だが、僕にとっての鬼門でしょうか。 去年は定期預金の満期で窓口に行ったのですが、満期金の一部だけを使う予定だったので、残りのお金はどうしようか迷っていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題は解決するために提出される

『運を天に任すなんて 人間・中山素平』城山三郎著、新潮文庫。 「問題は解決するために提出される」という文句は、レーニンの言葉から取っています。 ただ、どのような文献や演説の中で語られた言葉なのかは分かりません。 上記の言葉を座右の銘のように使っていたのが、本で扱っている人物である中山素平です。 いろいろな会議や議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならのプレゼントを・・・

プレゼントの靴下を履いて、今日は女子会に出席です。 ところで、靴下のプレゼントって、相手が逃げていくから恋人同士ではNGだと昔聞いた記憶がありますが、どうなんでしょうか? まあ、プレゼントをしてくれた相手が恋人でもないのですが、そんな云われを聞いた記憶があるので、さよならのメッセージ付きなのではと勘ぐってしまいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬のナンパ歩き?

馬のツボとネットで検索しても、なかなか出てきません。 「馬経大全」という著書名は出て来るのですが、札幌市の図書館で探してもそのような本の訳書はないようです。 自分自身が太極拳を習っていて、その講座の先生が盛んに太極拳の動きはツボを刺激するので健康にいいのですというものですから、それなら馬にもツボで体をほぐしてやれたらと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ステレス・ストレス・太極拳

今日、図書館から借りてきた本が『改訂新版 太極拳全』地曳秀峰著、王福来演武。東京書店刊。 副題というか本の題名の横に「日本に初めて伝えられた王樹金老師の」とあります。 65の手習いで太極拳の講座に通っていることは書きましたが、僕の習っている二四式太極拳は制度拳と呼ばれているもので、戦後の中国本土で作られたものです。 上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイヌ イタク アニ

『(ことばを訪ねて)アイヌ語をフィールドワークする』中川裕著、大修館書店刊。 「アイヌ語で」と書いているんですが、発音的にいうとイタクのクは小さいクになります。 アイヌ語に文字はあるのかという質問に対して、上記の著者、中川裕氏は「あります」と答えているそうです。 その根拠として、日本語の文字として漢字・ひらがな・カタカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お墓参りをしてきました

今年初めてのお墓参りです。 お墓の周りには雪はありません。去年も同じころ来たと思うのですが、少しは雪が残っていたように記憶しています。 お墓には三人の名前が彫ってあります。 両親と最初に亡くなった兄です。わずか四歳ですが、僕にとっては兄です。 特別霊感がある訳でも強い訳でもないのですが、たまに兄が一緒にいるのでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球帽をかぶりたいと思うようになれ!

今日の新聞報道で、政府が一万円札紙幣の肖像を刷新する方向を固めたとあります。 しかも一万円札の肖像は、渋沢栄一にするらしいのです。 渋沢栄一は「日本資本主義の父」とも言われ、多くの企業を作りました。 それらの功績はともかく、今でも連綿と続く修養団の初代後援会長です。 修養団のみそぎ研修の一つに、伊勢神宮を流れる五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハミ受けモテ男への道・・・僕の欠点は優しさだった

今日、4月7日。 もう下の馬場もレッスンに支障がありません。 雪解けが早かっただけでなく、雪や雨もそれほど降らなかったので、馬場にまいた砂もバッチリです。 今日のレッスンは先生です。 割増料金になるところですが、春の特別キャンペーン?でいつもの値段で大丈夫ですなんて冗談です。 指摘されたのは、肘を軟らかく使おう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人差があります

女房の趣味の一つがテレビショッピングを見ることです。 もちろん、見ていたら買いたくなりますので、買うことが趣味とも言えます。 カード名義が僕なので、化粧品や下着などが僕の名前でどんどん来ます。 配達の人たちは、変態おやじと思っているかも知れません。 ところで、シミがなくなりますとかシミをカバーできますなどの宣伝文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法人円と個人円とCEO貯金

『佐高信の新・会社考』佐高信、朝日新聞社刊。 上記の本の中に「法人円と個人円の差」というのがあります。 「エコノミスト」誌で対談した安土敏さんという小説家が話題にしていたことです。 安土敏さんは、東大法学部を出て住友商事に入ってのだけど、個性を生かせない大企業にイヤ気がさして、自ら望んで中堅スーパーのサミットに出向した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の労働生産性が低いって言うが・・・

日本の労働生産性が低いって、いつも統計が出されるが、現役で働いている人たちにどうしたら今以上に生産性があげることが出来るか質問をして見たらと考えます。 きっと答えは、「お前は馬鹿か」ではないだろうか。 今以上に必死に働き続けたら、60歳定年前に皆早死にしてしまうだろうと言われるはずだ。 それより、企業内でやっているおま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左翼と右翼の見分け方

『佐高信×鈴木邦男 左翼・右翼がわかる!』 金曜日刊。 >1994年春、遠藤(弁護士)が山口組の本部で暴力団対策法の裁判の話をしていると、当時の組長だった渡辺芳則が、 「遠藤先生は左翼だから、弁護団長を頼んでいると、山口組も左翼にされてしまうのではないかと心配する者がいる。そこでお尋ねするんですが、共産主義諸国が崩壊した現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひらがな元号に、夜露死苦!

新元号が万葉集の中から取ったということで、話題になっています。 万葉集は、万葉仮名と言って漢字を仮名文字のように扱っています。これは漢字本来の意味を生かして書くのではなく、主として字音を活用して古代の大和ことばを表記したものでした。 その表記の法則が、例えばあ=阿とか、い=井とかに対応していたら、後世の人たちも理解しやすいの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騙す人、騙される人

高齢者が被害者の詐欺事件は、毎日のように新聞記事にあります。 アダルトサイトへの登録完了ということで騙される分には、本人に何かうしろめたい部分があって引っ掛かるようですが、そんなに慌てふためくことはないのにと思います。 次は、還付金がありますという詐欺です。 公的な機関がわざわざ自宅に親切に電話を掛けてくるという事を信じる…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和のとき、袖ヶ浦発見!

この頃は札樽間での往来もしなくなったので、珍しい車のナンバーを見ることが少なくなりました。 全国の陸運事務所によるナンバープレートがいったいいくつかあるのかよく分からないのですが、個人的な印象では、東日本大震災以降の頃からかご当地ナンバー(道内)以外の全国各地のナンバーを見かけるようになりました。 今日は「袖ヶ浦」ナンバーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more