バイトテロの原因は、礼節のなさ?

コンビニやファーストフード店でのバイトによる悪ふざけ行為のSNSへの投稿動画が、一種社会問題化のように語られています。

NHKではそのような悪ふざけ行為及びSMS動画投稿をバイトテロと呼んでいました。

NHKの番組では、その原因と対策について専門家による意見を聞いていましたが、行為そのものはいわゆる悪ふざけです。

その悪ふざけを仲間うちだけでやっているのでしたら誰も問題視はしなかったのでしょうが、客に売る商品を扱っている関係上、それをSNSに投稿したらそりゃ~客としていくものとしてはいい気持ちがしません。

僕の家では出前の食べ物を注文していませんが、それは昔からあるお店と違ってバイトを雇ってのものとなると、SNS動画のようなことが少なからずあるんだろうなと思うからです。

それをバイトの側の倫理不足と見ることもできます。

しかし、所詮バイトはバイトであって、そこで一生勤める訳でもなく、経営が上手くいかなくなればいつでも切られる立場のバイトにとって、仕事上の倫理が生まれると考えるのは都合が良い話のような気がします。

どこかの建設会社に配達に行った時に、壁に5つのSの理念として、社員への「しつけ」が書かれていました。

衣食住足りて礼節を知るとあるじゃないですか、そこの社長さんにちゃんと残業代を支払っているのかと聞いてやりたくなりました。

何が社員に「しつけ」だよ。

バイトテロのことが話題になった時、その「しつけ」のことを思い出しました。
と同時に『馬と話す男』の内容も頭に浮かびました。

悪ふざけでしかうっぷんを晴らすことが出来ないバイトの若者も今一ですが、それだけ今の社会ががんじがらめになっているのだと思います。

例えば、ヒャッキン(百円ショップ)でもたまに買い物をします。
その時に、そこで働いている人たち(ほとんどがパートですね)は時給いくらで働いているの?と聞きたくなります。大丈夫ですかと。

どのようなお店に行ってもそこで働く人たちがいます。
働く人たちがいるからサービスを受けられます。

そのことを再度冷静に考えてみるいい機会なのかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • ラベンダ

    そういえば今回、バイトが問題を起こした「くら寿司」と「バーミヤン(すかいらーく)」は共にブラック企業大賞にノミネートされていましたね。
    もし今回のバイト達が企業•雇用者側への復讐のつもりでやっていたとしても、私はやはりお客様側の気持ちを無視したくありませんので、間違ってもこんなことはできませんし、応援はできません。ですが、今回の事件を通し、今まで企業側が労働者(正規•非正規問わず)のみに見せてきたブラックな態度が、まわりまわって今度はお客様側にも向けられるようになった感じはありますね。考えてみたらそうでしょうね。ブラック企業の経営者は労働者がその会社の「客」になる可能性を考えもしないで酷使したり、暴言を吐くことができるのですから。

    ちなみに百円ショップは、(原理そのものは知りませんが)商品そのものが半額以下といえるほどかなり安い値段で仕入れているらしいので、労働者が低賃金で酷使されているとは必ずしも結び付かないとは思います。余計な一言ですね、すみません。
    2019年02月18日 03:36

この記事へのトラックバック