787番目です

2019年です。

2020年の東京オリンピックを目指すアスリートには正念場の年ですね。
いや、もうすでに準備をする段階ではないのかも知れません。

鍛えるとしたらメンタルの部分しか時間的には残されていないのではないでしょうか。

東京オリンピックの馬術競技の入場券が今年の3月に発売されると日馬連の名誉会長が語っていましたので、今年からじわじわと騒がしくなるのでしょう。

テレビ・新聞などによる感動の押し売りが始まりそうです。

僕はと言えば、1月4日で義父の四十九日を済ませましたので、自分の生活に目を向けることになります。つまり、退職後の生活を整えていくというところでしょうか。

「カッパおじさん」の未来というより現在の問題ですね。

男の場合は、自分の通う集団が仕事の場である職場が大きなウエイトを占めますので、退職をしてそこがすっぽり抜けた形をどう穴埋めしていくのかが問題と言われます。

僕の場合は役職を持っていた訳でもありませんから、退職をしたことによる喪失感は特にありませんでした。60歳定年までの2・3年間はあと何日と数えていたぐらいです。

今の職場は、社員にこまごま指示・指導をしすぎです。
それは、職場で問題が起きた時に、自分達はこれこれ指示・指導をしていると管理者がいい訳したいためとしか思えません。

それがイヤでイヤで仕方がありませんでした。

自分達は小学生でも幼稚園児でもないよといつも心の中で思っていました。

60歳定年後は、再雇用で夜勤勤務を希望したので、下らない朝礼に出なくてよくなりました。気持ちの上では随分と助かりました。

そういう意味ではもともと職場に大きなウエイトを置いていなかったので、退職をして肩こりがすっかりなくなりました。

でも、退職後は自由な一日が始まるとはいえ、家には女房がいて、月々貰っていた小遣いもなくなり、そうそう簡単にはいきそうにもありません。

それで、図書館通いを始めました。
無料ですからね。

787番目。

これは女房が図書館で予約した本の順番です。

『大家さんと僕』というマンガです。

昨年に予約した時は、860番でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック