名前の字が違うんですが・・・

旧職場の人が、来年の飲み会の予定を作ってくれたんですが、冠としている僕の名前の字が違います。

地域ごとのチームではなく、到着便ごとの速達や再配達の書留を配達する人たちと一緒の仕事をすることになった時に、親睦のために一緒に飲みましょうと作ったのが○○会です。言い出しっぺの僕の名前が付いてしまったのですが、定年後の高齢者雇用の身としては大いに助けられました。

地域ごとのチームでは正規社員と非正規社員との目に見えぬ確執があり、正規社員がリーダーシップをとっているチームはまだしもそこらへんがあやふやなチームはそれこそ統率がとれていないのが目に見えます。

何故なら非正規社員は誤配や仕事上のミスをすると即減給に繋がります。時給換算ですので何十円の賃下げは年に直せば数万円になります。

正規社員はそういうことはありませんから、仕事への態度もピリピリする感じが違います。

僕は高齢者雇用だったので区分としては正規社員の部類に属しますが、なんか大変だなという感じを常に受けていました。

やっぱりどんなところにも気休めが必要です。

始めた飲み会も職場の気休めとして考えたんですが、どうだったんでしょうか。

僕の方が慰められたような気がしますが。

それにしても、退職したのに新年会を用意してくれるのはありがたいことです。
僕の方としては皆の飲み会に参加するだけでいいんです。○○会はもういいよな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック