AKBはアイドルの北朝鮮化を目指していますか?

女性のアイドルグループというとモーニング娘がまず思い浮かびます。

モーニング娘は、それぞれの個性を引きだそうとしているのか、着る衣装でもメンバーで少しづつ違っていたと思います。
踊りも転電バラバラな感じです。

それから少し経つと、AKBという女性アイドルグループが登場しました。
セーラー服のような衣装で統一し、踊りも北朝鮮のマスゲームのような感じです。

そういうAKBが広く受け入れられるようになったと言うことは、日本国の青少年が徐々に北朝鮮的マスゲームを好むようになって来たということでしょうか?

AKBをプロデュースした人間の洞察が、そういう時代の空気を素早く読んだということでしょうか?

我々日本人の感性の中には、集団行為の美を追い求める嗜好がある事は否定できませんが、そこに強制的な没個性が潜んでいることは見ておく必要があります。

AKBの歌と踊りを見ると、どうしても北朝鮮の<喜び隊>がマスゲームをしている姿が浮かびます。
まあ、<喜び隊>の方が色っぽいとは思いますが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック