『東京プリズン』と『愛と暴力の戦後とその後』赤坂真理著

センセーショナルな題をつけるなら、
「天皇ヒロヒトは、第二次世界大戦の戦争犯罪人か」
或いは
「天皇には戦争責任があるか」
と書けばよいのだけど、ブログがネト右翼に荒らされるのは馬鹿馬鹿しいのでそうは書かない。

『東京プリズン』(河出文庫)の本の帯には、<16歳の少女マリがたった一人で挑む現代の「東京裁判」>とあった。
「東京裁判」とは第二次世界大戦における日本の、そして実際の日本人の戦争犯罪を裁いたいわゆる<極東裁判>と呼んでいるものだ。

本の中で登場する主人公のマリは、日本の学校になじめないために、母親の勧めでアメリカの片田舎の高校に留学させられる。そこでも、言葉の壁に戸惑い1年下の学級で学ぶのだが、同じ年齢の生徒がいるクラスに進級をするためのテストとして提案が先生から出された。
天皇には戦争責任がある」というデイベートを提案されるのだ。
16歳の少女が、近現代史を教えない日本で学んだ少女が、<天皇の戦争責任>を議論しなさいと言われるのだ。日本人が、きちんと総括をしたことがない問題。いや、今後も日本人は総括をしない問題に立ち向かうのは酷と言えば酷だ。
それは16歳の少女でなくても、普通の大人でも抱えられない問題だ。
まして、議論をし合う土壌など日本にこれっぽっちも育った事がないのだから。

『東京プリズン』と『愛と暴力の戦後とその後』はセットになったものだ。
小説の器を借りて問題を提出したのだが、小説はあくまで小説で議論をする道具ではない。
思考の過程で、様々な心象風景や追体験、変遷を記述している場面は、自分の年齢のせいなのか冒険ファンタジー映画の描写を読んでいるような気分になる。

著者は、改めて近代日本の成り立ちや文化が、きちんとした検証・整理を行わないできたことを指摘し、嘆いている。それが、<戦後>と言われる時代も規定づけていると論じる。

確かに、<チャイニーズ・キャラクター>とアメリカ人の同級生から漢字のことを言われるまでもなく、日本語と言うものの成りたちを含めて文化そのものも、中国と言う先進国から、朝鮮経由で学んだものばかりだ。
天皇家も出自がどこか不明なままだが、近代においても朝鮮王朝から天皇家に嫁いでいることが事実なのだから、日本人と朝鮮人は親戚であると何故言わないのか不思議だ。

日本語における多くの政治用語が翻訳したものであることは岩波新書でも読めば分かる程度のことなので、その用語の危うさを今さら指摘して見ても新鮮味はない。

ただ、今の時代に自分たちが<よって立つべきもの>とは何かを問うことは重要だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック