シニア乗馬、ようやく1年で1/2初心者

昨年の7月の末から、乗馬クラブでの練習を始めたのでもう1年目になる。
1年といっても、週1回ペースだから、50数鞍、60鞍にもう少し。
ブログなどで見ると、初心者は100鞍騎乗が目安らしいので、1/2初心者というところか。

サラリーマンなら、初心者の100鞍騎乗をクリアするのは2年はかかる。

今まで何が分かったかと言うと、
①馬は意外とおとなしい・・・乗ってみたときの印象と馬装する時の印象が以外と違うことが多い。
②手綱はピンと張っている・・・ハミでの受けを優しくするために手綱はやんわりと思いきや意外とピンと張っているし、その張り具合も想像しているより強いものだ。
③ウエスタンから始める方が乗馬に親しめるようだと個人的には思える。
④軽速足の手前の確認だが、馬によっては感覚で合わせられる場合とそうでない場合が極端に出る。
⑤馬にも偏平足がある?
⑥馬体と自分の股関節の開き具合があっていると、<せいはんどう>が簡単に思える。
⑦駈足をすると、ブリティッシュより、ウエスタンで乗っているような感覚に襲われる。おそらく抑えて乗れないから、「馬なり=馬のいいなり」になっているのだ。
⑧かっこいいデザインのキュロットを履いている女の子を見ると「う~ん」と何故かニンマリとする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック